潜在意識が実を結んだ恋~復縁体験談・自営業、Hさんの場合~

復縁,復縁したい,元彼,元カノ,喧嘩,ノウハウ,冷却期間,連絡,別れ,自分磨き
フクエンジェル
フクエンジェル
23区外で自営業をやっているHさん28歳の体験談です。
HさんはOLを経て、自営業を始め、そして最初の彼氏である元カレと復縁をしました。
「誰かと付き合っても、あるひとりが忘れられずにいる」…そういう心当たりがある方は必見の復縁体験談です!
もちろんそうでない方にも楽しんでいただけると思います!

Hさんってどんな人?

うちは母子家庭で、小さいころから母と二人暮らしでした。
父は亡くなったと聞いていましたが、父らしい人が家に来たこともあるので……本当のところはよくわからないです。
母はずっと心労が絶えない人で、人よりもずっと苦労をしてて、私が16歳の時にすい臓がんで亡くなりました。
私は寮のある学校に行くことが決まっていたので、特に困った思いをしたことはありませんでした。祖父母が身元のこととかはやってくれました。

高校卒業後、就職した湯沸し器の会社で彼と出会いました。

彼は2年上の営業で、私は営業事務でした。
仕事柄話すことが多く、教育係だったこともありだんだん仲良くなって、私がハタチの時、付き合う事になりました。
2年後、私が違う営業所に異動になり、それでも同じ県内だったので、そこそこの距離感でうまくやっていたと思います。
ただ、付き合う前はそんなことなかったのに、付き合い始めてから……彼はどんどんだらしなくなっていって、お酒の失敗も増えていきました。毎回毎回そのことを治してほしい、大人なんだから、とずっとお願いしていましたが、一向に治る気配がなく……。
ある日泥酔してうちへ来て、吐いたり失禁したりされて、もう我慢の限界って思って別れました。23歳の時でした。
その後もしつこく連絡が来ていましたが、全部拒否してやり過ごしていました。

もしかして…私のせい?

彼は、私と付き合い始めてからお酒を飲み始めたりしたので、もしかしてこれは自分のせいなんじゃないかと思い、カウンセリング通いをしました。

私は昔から心配性で、いつも何かするときに、先に最悪の事態を想像してから挑むんですけど、それが正しい認知をゆがめてるそうで、しばらくカウンセリングの先生と、訓練みたいなのをしました。
自信があまり持てない性格でしたが、このことが原因だったみたいで、変に自分を卑下してしまうことがなくなりました。
自分にとってプラスになったので、カウンセリングに行ってよかったと思っています。

夢を叶えたから結婚は無理かな…

26歳の時、自分のお店を始めました。引っ越しもしました。ずっと海のそばに住んでみたかったので、お店からは遠いんですが、海辺の町を選びました。
彼の後に付き合った人もいたのですが、引っ越しを機に別れました。
その時の私は、あまり人と付き合うのに向いてないのかも?と思っていました。
あんなにどうしようもなかった彼なのに、何かと付き合った人たちと比べてしまって、忘れられていなかったので、そのせいもあったのかもしれないです。

引っ越して一つだけ悪いことがありました。

それは使っている路線が毎朝、ものすごい通勤ラッシュになることです。
自分のお店までは電車で1時間。
その間、電車は3駅しか止まらず、ずっと乗りっぱなしで揺れもひどいんです。
ある日、私は人の足を踏んでしまいました。私もよく踏まれるし、ごめんなさいと謝って済ませようとしたのですが、踏まれたその男性が大騒ぎするので、怖くなって声を掛けました。
手当をしてもらおうということになり、一緒に駅員さんのところに行きました。
駅員さんに状況を説明している男性の声が、あんまりにも彼に似てて、びっくりして名前を聞いたら彼だったんです。
全然わかりませんでした。彼はかなり雰囲気が変わっていたんです。

彼と奇跡の再会

結局、彼のけがは別に大したことなくて、あとは本人たちでしてくださいということだったので、何かあったときのために連絡先を交換しました。
でもそのせいで私は遅刻をしてしまったので、彼がお詫びに…ってランチに誘ってくれました。
夜に二人とかだと断っていたと思うんですが、彼も転職していて、うちの店から彼の会社が徒歩圏内だったので、気軽な感じでランチも行けました。
彼は独り身で、私も独り身だったので、妙齢の独身あるあるみたいな感じで結構盛り上がりました。

ランチの日を境に彼とよく遊ぶようになって、転職前の同僚とかも呼んだりして、楽しい毎日が始まりました。引っ越してよかったなって思ったし、何より彼の嫌だったところが全部治っていたことが、何より私を嬉しくさせてくれました。
その時は復縁とか考えてなかったので、変わった彼に成長したね~! って単純に嬉しくなっただけなんですけど…。
今思えば、期待してるからそんな風に嬉しくなってたのかなって思います。

やがて彼はHさんの欲しい言葉をくれるようになる

だんだん彼は二人で会いたがるようになって、なんとなくそれをかわしていました。
ものすごく下手な駆け引きとかもされて、あんまりにも下手すぎて笑ってしまうことがしばしばあったんですが、でもそういうところが好きだったので、懐かしくなって、駆け引きが告白に変わっても、何度もそれを断りました。
彼はめげずに2年間、ずっと私に告白し続けてくれて、2年の間、ただそういうフリをしているわけじゃなくて本当に彼が変わってくれたことがわかったので、告白し続けてくれたちょうど2年目のときにOKしました。

さいごに

誰と付き合ってもしっくりこなくて、ずっと彼のことを忘れられてない自覚はあったんですが、でももう一度彼と付き合えるなんて思ってもなかったし、奇跡でも起きなきゃそんなことは無理だっていうこともわかってました。
だから誰とも結婚しないでいるのかも、あるいは彼のこと忘れないままほかの人と結婚してもいいのかな、とかいろいろ考えたんですが、彼のほうからわざわざ私に足を踏まれに来てくれて(笑)。
また彼の手を取ることができました。でも彼が変わっていなければやっぱムリだったとは思うので…。
起きてないことを想像するのは難しいですが、本当にただただ運がよかったとしか言えません。
復縁の参考になるかはわからないですが、誰かの役に立てたら嬉しいです。

いかがでしたか?

復縁ゼミのノウハウは、他と一味違います。
ライターが実際に実践し、復縁に成功したもののみをピックアップ&アドバイス!
あなたにピッタリ合う方法を選んで、Let's復縁!
役に立ったと思ったら、シェア/拡散お願いします!