復縁にはローコンテクスト!今まで誰も教えてくれなかった復縁方法

復縁,復縁したい,元彼,元カノ,喧嘩,ノウハウ,冷却期間,連絡,別れ,自分磨き,期間,ライン,LINE,友達

「どうしてわかってくれないの」
「どうして話してくれないんだ」

元彼元カノと恋人時代、そんな喧嘩をしたことがありますか?
もしかしたらもうご存知かもしれませんが、この問答の繰り返しで人間関係は破綻していきます。
言わなきゃわからない人と、言わなくてもわかってほしい人。
合うわけがありませんよね。
別れちゃってもおかしくありませんよね。
こういうカップルだった二人が分かり合うにはどうしたらいいかというと、どちらかが折れるしか方法はありません。
そして、これが原因で別れてしまったカップルは、この部分を解決しないことには、一生復縁ができないのです…。

あわせて読みたい
復縁,占い,おまじない,恋愛,電話,方法,先生,鑑定,占い師,あなた,成就,霊能者,相手,相談,人気,口コミ,意識,自分,無料,霊視,用意
復縁を叶えるのに絶対必要なコミュニケーションの話。復縁したいなら、コミュニケーションをきちんととるべき。なぜなら恋人たちの別れはコミュニケーション不足によって訪れます。コミュニケーション不足からの復縁を叶える基本の考え方。...

まず考えてほしい「どうしてわかってくれないの」というスタンスでいる意味、ありますか?

「どうしてわかってくれないの—―」
こういう主張をしているとはいえ、相手に全部押し黙って我慢して無理やりに自分の気持ちを察してくれと思っているわけではないと思います。
むしろそんなことをされても嬉しくないですよね。
とはいえ、伝えなければわからないと言っている人には、本当の本当に、伝えてあげなければ一生わからないんです。

「どうしてわかってくれないの」を一生押し通さなければ私は死んでしまう病気だ!

そんな状況でもない限り、特段「どうしてわかってくれないの」を押し通してもいいことがあるとは思えないんです。
あなたはどう感じているでしょうか。

私は付き合ってきた男性に関してはとにかく、
「わかってくれない相手が悪い」
「恋人なら言わなくてもわかってくれるはずだ」
というスタンスでいました。

相手が悪いという大前提があるからこそ、堂々と、自信をもってあなたが悪いんだと相手を責め続けていました。
しかも、言わなくてもわかるでしょ! というような内容ではないのに責めました。
自分の拗ねてるときの気持ちや理由について分かれと。
しかも理由はくだらない・考えてもよくわからない・完全に感情・気分などの気持ちを察しろと。

「言ってくれなきゃわからない。」と何度言われたかわかりません。
でも当時の私にとって「恋人は言わなくても全部気持ちをわかってくれるもの、察してくれるもの、機嫌を取り続けてくれるもの」だと思い込んでいたからこそ、まったく改善しませんでした。
やがてフラれては復縁を望む(と言っても自分のスタンスは変えない)復縁モンペが誕生します。

あわせて読みたい
復縁,伝える言葉,伝えるタイミング,伝えること,伝える方法,ストレート
復縁を叶えるための元カレ元カノへの気持ちの伝え方。復縁ができない人ほど、相手に自分の気持ちを伝えられていません。 復縁したいのなら、ただ怒ったり泣いたりするだけでは何も伝わっていないという事をしっかり理解しましょう。...

「言わなくてもわかってもらえる」幻想は捨てよう!言うのが一番早い!

・なんでも言語化する
・何でも言語化して気持ちを伝えあう
・他人は自分とはまったく別だとわかっているからこそ、なんでも訪ねて確認を取る

これをローコンテクストの文化と言います。
それとは逆の文化をハイコンテクストの文化と言います。

日本はこのハイコンテクストの文化の傾向が実に強いのです。
島国だから共通認識が強く、かつ封建制度のころからの空気がいまだに蔓延している。
とはいえ核家族化も進み、ずいぶん多様性も出てきてしまっているため、ハイコンテクストの文化ではコミュニケーションが間に合わなくなっているという現状です。

相手に「伝わっている」と信じ切っている
「以心伝心」「言わぬが花」「沈黙は金なり」「あうんの呼吸」「つうと言えばかあ」「男は黙ってサッポロビール」……。日本には、明確な言葉を交わすことなくとも相手とわかり合える、という「信仰」が昔から根強い。

-中略-

島国であり、人種・文化的な多様性があまりない日本の場合、話し手と聞き手との間に共通項が多く、言葉を尽くさずとも、なんとなくわかりあえる、暗黙知がある、という考え方だ。
一方、ローコンテクストの文化では、共通項が少ないので、きっちりと言語化し、クリアでシンプルでわかりやすいメッセージを伝え、あいまいさを排除しなければならない。

日本人が「黙って忖度」ばかりする根本原因-ハイコンテクスト文化には落とし穴がある

世の中には本当に、言葉で伝えなくとも相手の気持ちがわかるカップルがいます。
でもその人たちは別に、初めからそういう関係だったわけではなく、お互いのことを十分すぎるくらい知りすぎているという背景があるはずです

あわせて読みたい
復縁,復縁したい,元彼,元カノ,喧嘩,ノウハウ,冷却期間,連絡,別れ,自分磨き,期間,ライン,LINE,友達
【復縁相談】元カレの欠点ばかり見えるときは自分が全く見えてないとき「相手がわかってくれない」と思うときはほぼほぼ、自分の伝え方が悪いときです。わかってくれない元カレと復縁するための方法を伝授。復縁成功者による復縁相談の記事です。...

大切な気持ちは、当然相手に伝えなければ伝わらない。

今、あなたのそばに誰かいますか?
そばにいるその人が何を考えているかあなたにはわかりますか? わかりませんか?
それが友達なら、少しはわかるでしょうか。
では元彼なら?
ですがそれも想像がつきやすいというだけで、本当のところがどうなのかなんていうのはわからないはずなんです。

復縁したいのなら、すべて相手へ伝えることは必須

「どうしてわかってくれないの」
「どうして話してくれないんだ」

もしあなたがこの繰り返しで別れてしまったのなら。
絶対に今後は、自分が何を考えているのか、どう感じているのか、相手に話さなきゃ、一生復縁は難しいと思います。

復縁したい?それとも黙っていたい?

そもそも、言わなくてもわかってくれというのはかなり傲慢な考え方です。

一昔前では年功序列だったり、男尊女卑だったりでそういう「誰かだけが楽できる」考え方がまかり通っていましたが、もう平成も終わろうという今の世の中、何も言わずにわかってくれ! なんて言っている人がいたら、単なる面倒な人です。

何でも言わないとわかりません。あなた自身も、元彼の気持ちなんて言われなきゃわからないはずです。

あなたは面倒な人になりたいですか?

それともなんでも相手に話して、欲しい結果を手に入れる人になりたいですか?

赤ちゃんだってただ泣いているだけでは、何が欲しいのかわかりません。
おむつなのかミルクなのかあるいはただ機嫌が悪いだけなのか。
だからこそ、黙っているだけで相手から察してもらおうなんていうのは、赤ちゃん未満の考え方だと知りましょう。

あなたが黙って「気持ちをわかって」という念を元カレに送って、元彼に伝わることなんて「なんか機嫌悪そう」くらいのものです。
ますます距離が開きます。

あわせて読みたい
復縁,復縁したい,元彼,元カノ,喧嘩,ノウハウ,冷却期間,連絡,別れ,自分磨き,期間,ライン,LINE,友達
元彼に復縁したいと言われる女になる方法!どこよりも詳しく解説!元彼に復縁したいと思わせるために一番必要なのは、あなた自身です。あなた自身がどうするのかで、復縁の可能性は一気に100%近くまで上り詰めます。元彼に復縁したいと思ってもらうための、正しい方法とは?...

まとめ・恋愛はコミュニケーション。復縁もしかり。それならコミュニケーションに強いローコンテクストを用いることで復縁は成就するはず。

気持ちをわかってほしければ、まず相手に伝えること。
そしてそれは、カップル同士だった時にすることでした。
復縁後は相手のことを尊重し、また自分のことも尊重できる関係性を築いていけるようにしましょう。
今は復縁前でしょうので、相手に求めすぎず、かと言って察してもらおうともすることなく、まずは円満な友人関係を築くことが最優先と言えます。

ここまでお付き合いありがとう! あなたもよい復縁を!

あわせて読みたい
「復縁したくなる人間」の条件
復縁したいなら、まずは相手の大親友になること!「疲れた時に会いたい人」 相手にとってのその位置に立つことができれば、復縁は目前。 どんな風に接していけばそう思ってもらえるのかを、実際に試し成功したノウハウとともに徹底解説! ...
あわせて読みたい
復縁,復縁したい,元彼,元カノ,喧嘩,ノウハウ,冷却期間,連絡,別れ,自分磨き,期間,ライン,LINE,友達
復縁できた私だからわかる、今まで語られなかった復縁必至の復縁ノウハウ復縁したいからと言ってどれだけ自分磨きをしても、どれだけ冷却期間をおいてもどれだけ元カレにプレゼントをしても、本当の原因の改善にはなりません。 復縁できた筆者だからわかる、まだどこにも紹介されていない、復縁に必要な基礎的なノウハウ。復縁するために自分自身を変える! ...
あわせて読みたい
未練,sns,元,カノ,大丈夫,元,カノ,脈,
あなたも復縁が叶う「100人のうちの20人」になろう!復縁したい人のうち、実際に復縁のために行動を始める人は2割。この2割になれればあなたも必ず復縁できます。 そのための方法・考え方を紹介。...